試験で瞬時に考えられる文法

「本質から理解できる英文法」は当然、「試験」にも効果的です。

「機械的な理解」ではなく「本質的な理解」により、「瞬時に考えられる文法力」が身につくからです。

一般的に、試験中は考える時間がありますが、会話ではすべてが瞬時対応になります。
ですから、会話では「考えてやっと出てくるような文法」では対応できません。
つまり、「会話のスピードに対応できる文法力があれば、試験に十分対応できる」というわけです。

ということでFSDでは、試験の英語が目的だったとしても「会話で実際に使えるの文法 = 本質から理解できる文法」を基本にレッスンをしております。その方がより短期間にハイスコアが目指せるからです。

「どんな場面・状況でも使える軸となる単語」に進む →

「実際の会話で使える英文法」に戻る ↩︎

英会話が今からでもできる法則とは?三鷹発オンラインスクール
タイトルとURLをコピーしました