何でそうなるのか?を理解し会話も試験もできるようになる本質英語力

法則の理解によりどんな英語も可能に!

  • 字幕なしで映画が観たい!

  • 英語のYouTubeをもっと観たい!

  • ZOOMで海外の人と話したい!

  • 英語でビジネスがしたい!

     でも、できない・・・
それはなぜでしょうか?

それは、英語=勉強」になっているからかもしれません。

「英語 = 勉強」になるとこんなことが・・・

「正しさ」
にとらわれる英語

日本では「勉強 → ✖️(正解・不正解)」が基本。
すると「正しい英語」にとらわれ、間違いを恐れ、英語が思うように出てこなくなってしまう。

「書き言葉」
の英語

「勉強の英語」は基本的に「書き言葉」。
「書き言葉の英語」のままでは単語や表現も会話的ではなく、ぎこちなくなることも多くなります。

「翻訳」
の英語

「会話」ではスピーキングもリスニングもすべて瞬時対応。
訳を考えながらでは会話になりません。

「暗記・練習問題」
の英語

実際に使える英語には本質の理解が大切。
暗記・練習問題により叩き込んでできるようになっても、本質から理解をしていなければ、とっさの場面で頭が真っ白になったり、勉強しなくなれば忘れていってしまう。

つまり、会話には「英語 = 勉強」とはすべて逆のアプローチ

「正しさ」
にとらわれる英語


「伝える、伝わる」
を大切にする英語

「書き言葉」
の英語


会話でも
対応できる英語

「翻訳」
の英語


訳さず瞬時に
理解できる英語

「暗記・練習問題」
の英語


本質から
理解できる英語

   が大切です。

そして、それを可能にするのが

法則の理解

    です。

また、本質から理解できれば「会話」はもちろん、このような英語にも効果的です。

英語 ≠ 勉強 < 英語 = 言葉 

「法則の理解」という「本質の理解により短期間でどんな英語にも有効な『質』によるアプローチ」は、特別なものではありません。

「英語 = 勉強」ではなく、「英語 = 言葉」という「本来の形」を当たり前にご紹介しているだけです。

是非、「言葉としての英語」を積み上げ、会話にも試験にもビジネスにもどんな英語にも力を発揮していただければと思います。

「レッスンについて」に進む →

何を得たか!が毎回感じられる、ニーズ・目的に合わせたレッスン

毎回、「何を得たか」がはっきりと感じられるレッスン

英会話のレッスンでは、「今日はたくさん英語を話した!」という満足感・達成感はあっても
「でも今日は結局何が学べたかな?」と、具体的に何が習得できたかわからないことがよくありますが、それでは効率的、計画的な向上は難しくなってしまうかもしれません。

FSDが提供するのは発音・文法・単語・スピーキングなど、全てにある「法則の理解」。

「今日はこれがゲットできた!」という、「大切な毎回のレッスンの意味・確実な積み上げ」を大切にレッスンを進めます。

 

 続きを読む

旅行・仕事・試験で実際にこんな成果・結果が!生徒さんの声

法則の英語によりこんな成果が!
生徒さんの声をご紹介

続きを読む

20歳、英会話力0→日本だけで英会話力を習得!FSD代表の紹介

20歳の頃、英会話力ゼロの状態から
オリジナルの法則により
日本だけで英会話力を積み上げた
日本人講師のプロフィール

続きを読む