東京都板橋区立高島第二中学校公開キャリア講座

先日、東京都板橋区立高島第二中学校の公開キャリア講座でお話をさせていただきました。

講座の目的は、生徒の皆さんに「実際に社会で働く大人の人から、勉強以外にも大切な多くのことを学んでほしい」とのことで当日、十数名のスピーカー中の一人としてご依頼いただきました。

お話は、「仕事の内容、なぜ今の仕事に就いたのか、やりがいや大変なことなど、中学生に向けたアドバイスやメッセージ」などがテーマでした。

さて何を話そうか考えたとき、もちろん僕は英語スクールを運営しているので、「スクールの運営」「英語の楽しさや外国人とのコミニケーション」などについて話せば、英語に興味がある生徒さんにとっては、とても楽しいのではないかとも思いましたが、
中には英語に興味がなかったり、苦手、嫌いな生徒さんも当然いるはずです。
また、「将来どんな仕事をしたいか」について考えたことがない生徒さんもいるのではないかとも思いました。

だとしたら、僕が英語の仕事について延々と話したとしても、生徒さんには何の印象にも残らない、ただの退屈な長い話で終わってしまうかもしれません。

ということで、「『英語が好き・嫌い、得意・苦手』『将来の仕事について考えたことがある・ない』にかかわらず、どんな生徒さんにもできる限り伝わるお話をしよう!」と心に決めました。

そこで講座では「好きなことを続けて得た大切なこと」をテーマにお話をすることにしました。

具体的には、現在の英語スクールを運営するまでに、どんなことがあり、どんなことを考え、どんなことを乗り越え、そこから何を伝えたいか。
また、その中でも一番伝えたかったのは「自分で考え、自分で決めて、自分で行動する」ということでした。

とはいえ、ただ熱く真剣に話すだけでは生徒さんには伝わらりにくいかもしれません。そこで、おもしろおかしいエピソードなども取り入れながらお話をさせていただきました。

それは、英語や将来の仕事に関係があるかないかにかかわらず、これからの人生を自らの力で歩んでいく生徒さんにはどうしても伝えたいことでした。
笑いの中にも、真剣に聴いてくれているのが生徒さんお一人お一人の目から伝わりました。

後日、生徒の皆さんから感想文をいただきました。一生懸命書いてくれたメッセージの一枚一枚からどのようにお話を聴き、感じてくれていたのかがわかり胸が熱くなりました。

この度、貴重な機会をいただき高島第二中学校の皆さんにお話ができたこと本当に心の底から嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。

また、皆さんとお会いできることを信じその日を楽しみにしています。

↓ 実際の感想文(一部)はこちらです。ご覧ください。

* 「生徒さんの声」の続きへ戻る ↩︎