基本項目-2:文構造

次の基本項目は「文構造」です。

日本語と語順が違う英語においては、「何をどういう順序で話せばいいか」がわかる文構造の理解は不可欠です。

また、基本項目-1で強化した発音に文構造の理解が加わることにより、
スピーキングのための最低限の基礎」が固まります。

これにより、いよいよ「スピーキングの法則」の準備が整います。

「基本項目-3. スピーキング」に進む →

「基本項目-1. 発音」に戻る ↩︎

英会話が今からでもできる法則とは?三鷹発オンラインスクール
タイトルとURLをコピーしました