基本項目-2:文構造

文の発音

「単語量・文法力があっても英語が話せない」という大きな原因の一つに「語順がわからなくなり混乱してしまう」ということがあります。

ですから会話のときは、話すときも聴く時も「瞬時に英語の文構造を理解する能力」が必要になります。

ポイントは「瞬時」です。
語順・文構造を考えながらでは会話にはなりません。

しかし、「発音の法則」によりそれも可能になります。
「発音の法則」では、段階的に進んでいくとやがて「英語の文の発音」についてご紹介します。


そして、この「文の発音」がスムーズになると「何をどういう順番で話せばいいか」という「文構造の理解」も無意識・瞬時になっていくので、英語を考えずにネイティブのような発音で話すことも可能になります。



このように、「文の発音の法則」は「文構造の理解」も瞬時にし、さらには「スピーキングの基礎」を構築していきます。

そうすれば、力を抜いて自然に話せるようになるので、ジェスチャーやジョークなども自然に交えながら話すようなことも可能になります。

「基本項目-3. スピーキング」に進む →

「一つ前」に戻る ↩︎

「レッスンの概要」に戻る ↩︎