理念・方針

ネイティブのような英会話力が身につくオリジナルの法則

英語は勉強ではありません

「英語は話せるようにはなりたいけど、勉強する時間もないし・・・」
「今、どうしても英語が必要なわけではないし・・・・」

このような理由により、英語の習得を諦めたり後回しにしてはいないでしょうか。

しかし、英語は勉強ではありません。
また、英語はいつからでも身につきます。

ファイブスター ドルフィンズでは
ネイティブのような発音で、考えずに自然に英語で言いたいことが出てくるよう「オリジナルの法則」をご紹介しております。

「法則による英語」のメリット

英語力・英会話力の習得を目指しても、以下のようなことが問題になり、思うように身につかないということがあるのではないかと思います。

◼️ リピート練習したフレーズしか話せない 
◼️ 暗記・練習量をこなさなければ話せない
◼️ 突然、外国人に話しかけられると真っ白になり何も話せない

しかし、「法則の英語」とは、リピートや練習、暗記など、量をこなしてできるようにするアプローチではなく、発音・文法・リスニング・スピーキング・単語、すべてにおいて「何でそうなるのか」を理解、自分のものにし、ネイティブのように英語が出てくるようにする、質によるアプローチなので、

◎ リピート練習したことがなくてもネイティブのような発音で話せる
◎ 暗記・練習量をこなさなくても瞬時・無意識・自然に英語が話せる
◎ 日本語を話すように考えなくても言いたいことが英語で出てくるので真っ白にならない

など、他にも様々なメリットがあります。

英語脳の確立

ということで、レッスンでは「ただ会話をする」ということはせず、
「オリジナルの法則」により、発音・文法・リスニング・スピーキング・単語、すべてをネイティブのように理解できるしっかりとした土台を構築していきます。

つまり、「英語脳」を確立することにより、まるで日本語を話すのと同じような感覚で、

● ニュースや映画などの字幕なしでの理解
● 旅行先・留学先でのネイティブとの会話
● 英語での商談・プレゼンテーション

などはもちろん、

ネイティブに間違われるような英会話力

が可能になります。

英語ができることが目標ではなく
英語で何ができるかが大切

また、ファイブスター ドルフィンズでは、英語ができることを最終目標として考えてはおりません。

英語圏の国に行けば、「英語 = 特技」ではなく、「英語 = 普通に使われる言葉」です。

もちろん、高い英語力・英会話力は海外の人々から評価されるとは思います。

ただ、「皆様の中にある考え・知識・技術」を英語で伝えることができれば、海外の人々にさらに驚かれ、喜ばれ、必要とされると思うのです。

そして、それこそが「英語力・英会話力習得の先にある大切なもの」だとファイブスター ドルフィンズでは考え、日々のレッスンを行っております。