英語の習得には量より質!勉強量ではなく本質理解の深さ

勉強するから話せない!
「言葉としての英語」を本質から理解!

英語が話せるようになりたい!
ずっと勉強しているのに全然話せるようにならないのはなぜ?

  • 仕事で英語が使えるようになりたい! 
  • 英語のYouTubeが理解できるようになりたい! 
  • 字幕なしで映画が観たい! 
  • ZOOMで海外の人と話したい!

 

     でも、できない・・・。
それはなぜでしょうか?

それは、「英語=勉強」になっているからではないでしょうか。

「英語 = 勉強」になるとなぜ英語が話せなくなってしまうのか

「正しさ」にとらわれる英語

日本では「勉強 → ✖️(正解・不正解)」が基本。
すると「正しい英語」にとらわれ、間違いを恐れ、英語が思うように出てこなくなってしまう。

「書き言葉」の英語

「勉強の英語」は基本的に「書き言葉」。
「書き言葉の英語」のままでは単語や表現も会話的ではなく、ぎこちなくなることも多くなります。

「翻訳」の英語

「会話」ではスピーキングもリスニングもすべて瞬時対応。
訳を考えながらでは会話になりません。

「暗記・練習問題」の英語

実際に使える英語には本質の理解が大切。
暗記・練習問題により叩き込んでできるようになっても、本質から理解していなければ、とっさの場面で頭が真っ白になったり、勉強しなくなれば忘れていってしまう。

 

つまり、会話には「英語 = 勉強」とはすべてのアプローチ

 

 

「正しさ」にとらわれる英語 → 「伝える、伝わる」を大切にする英語

「書き言葉」の英語 → 会話でも自然な英語

「翻訳」の英語 → 訳さず瞬時に理解できる英語

「暗記・練習問題」の英語 → 質から理解できる英語

 

 

が不可欠!それを可能にするのが

法則の理解!

● 単語を丸暗記する
● 練習問題をひたすら解く
● ただリピート練習をする
● ただたくさん話す

という「量」によるアプローチではなく

● 発音
● 文法
● 単語
● スピーキング

のそれぞれにある「何でそうなるのか?」を本質から理解していくことにより、
着実、効率的、効果的に英語力を積み上げていく

「質」によるアプローチです。

発音・文法・単語・スピーキングのそれぞれが法則により本質から理解できれば、「会話」はもちろんこのようなことも可能になります。

試験で得点を上げたい

発音の法則を理解・習得することにより
● リスニング練習をしなくても内容が自然に浮かんでくるようになります。

● 黙読の時の発音も変わるのでリーディングのスピードが格段に速くなります。

● 単語だけではなく「文の発音」も変わるのでスピーキング力も上がり、それを文字にすることにより英作文の力も向上します。

仕事で英語を使いたい

● 会議や交渉時の英語
● プレゼンテーションの英語
● 資料やメールの読解
など、「ただ話せるだけ」ではないアカデミックな英語力も
向上します。

忙しくて勉強の時間がない

暗記や練習問題で叩き込むような「量」によるアプローチではなく、本質を理解すればすぐにできるようになる「質」によるアプローチなので
● 仕事で忙しく勉強する時間が取れない社会人の方
● 部活や他教科の勉強で忙しく英語に時間が取れない学生の方
にも非常に有効です。

 

 

FSDの法則は

英語 ≠ 勉強 < 英語 = 言葉

という原点に立ち返って皆様にご紹介しています。

是非、「言葉としての英語」を積み上げ
会話にも試験にもビジネスにもどんな英語にも成果を発揮していきましょう!

 

「レッスン」に進む →