日本人が既に知っている英単語

そしてもう一つ、初期の段階で単語の「量」を求めない理由に、「実は日本人は既に非常に多くの英単語を知っているから」ということがあります。
それは「日本人が学校・塾で英語を勉強してきたから」ではありません。

私たちが話す日本語には「ソフト・ハード・ホット・コールド」など「日本語化している英単語」が山ほどあるので、これらのカタカナ英語をネイティブっぽい発音に直すだけで実は結構な会話ができてしまうからです。

さらには、一般的に高度に思われるビジネス英語であっても、専門用語以外はそこまで難しい単語が羅列するわけではなく、文の構造をつないでいく単語は簡単・シンプルな方が基盤になっているからです。

このように、「自分が自信を持っていつでも瞬時に使える単語」がいつでもスタンバイで自分の引き出しから出せるようにしておくと、会話のとき迷いなくスムーズに英語が出てくるようになります。

そのようにして基本的なスピーキングが定着してきた段階で、ビジネス・試験など「目的により出やすい単語」をご紹介していきます。

「『話すときに使う単語』『聴くときに使う単語』」に進む →

「増やすのではなく『減らす単語』」に戻る ↩︎

英会話が今からでもできる法則とは?三鷹発オンラインスクール
タイトルとURLをコピーしました