実際に使える文法

文法はなぜ「難しい」「つまらない」と感じるのか

「英会話には文法は必要ない!」ということをよく聞きますが、文法は非常に大切です。
文法はもちろん「文の法則」なので本来どんな英語にもとても役に立つものです。


しかし、「文法」というとほとんどの人が「難しい」「つまらない」「苦手」「嫌い」と感じると思います。それはなぜでしょうか。

それは「教え方・教えられ方」にあります。

つまらなく、難しく、役に立つイメージがなければ必要性を感じません。

例えば、新しい文法を習っているのに文法用語を並べて説明されても理解が追いつかず何も頭に入ってきません。

また、わからないまま習った通りに単語を当てはめたり、単語を丸で囲んで矢印を引き、文を行ったり来たりして答えが出ても、
それはもはや、たまたま「英語」を使った「パズル」「機械的な作業」にしか感じないかもしれません。

つまり、「正解」は必ずしも「 理解」とはイコールにはなりません。

当たり前のことですが、ネイティブはいちいち文法を分析しながら英語を考えているのではなく、「瞬時」に「出てきた順」に内容を理解しています。

同じように、文法の本質を理解することによってどんな英語でも瞬時に考えず自然に内容が入ってくる、伝えたいことが伝えられるようになることが大切です。

そうすれば、文法をもっと身近に感じ、楽しさ・必要性も感じられると思います。



どんな英語にも使える本質の文法

文法が本質から理解できれば
「会話」にも「試験」にも非常に効果的です。

試験では少しでも考える時間がありますが、会話ではすべてが「瞬時対応」、「考えてやっと出てくるような文法」では対応できません。

ですから、瞬時に出てきた順に自然に理解できる本質文法が身につけば「英会話力」はもちろん向上しますし、試験もさらに瞬時に解答が導けるようになっていきます。


ということはもちろん、会議での英語・資料・専門書の読み込みなどのビジネス英語にも、あらゆる目的の英語にも役立ちます。

「文法自体」は決して難しいものでもつまらないものでもありません。むしろとてもおもしろく、何にでも役に立つ英語の土台です。

FSDでは「実際に使える英文法」を「何でそうなるのか」の本質からわかるようにご紹介しています。

「内容が一気に飛び込んでくるリーディング」に進む →

「文法単科コース」に進む →

「『基本項目』からしっかり固めていくレッスン」に戻る ↩︎

「基本項目-3. スピーキング」に戻る ↩︎