ただ話すのではなく、話せるようになるための基礎を固めるレッスン

「基本項目」により短期間で基礎力を構築

より短期間で本質から理解できる英語力を構築するため、通常、レッスン開始後は、まず

【 基本項目 】
   1. 発音
   2. 文構造
   3. スピーキング


という流れを基本とし、どんな目的の英語にも通じる総合英語力の基礎を確立していきます。

   ● 文法
   ● リーディング
   ● 単語

についてはご受講のコース・目標/ 目的・レベルなどにより提出順序等の調整をいたします。

 

基 本 項 目

* 尚、「希望するゴールの設定期間」「レッスン開始時の保有英語力」により、順番を変更する場合もあります。

** 状況により「基本項目」のご紹介の前に「一定の文法」を先に強化していく場合もあります。

「基本項目」を大切にする理由


それは、

「ただたくさん話す」というのは必ずしもすべての人にとって効果的な方法ではないからです。


例えば、「言いたいことを自由に話せばいいんですよ!」と言われても


● 話せないから英語を習い始めた人

● 何をどう話していいかわからない人
● しっかり理解してから着実に進みたい人

にとっては、戸惑い、自信を失い、挫折をしてしまう原因にもなりかねません。

一方、「最初からトライできる人」にとっても、「スピーキングの方法」があった方が無駄なく効率的・効果的な向上が可能になります。

話せるようになるためには「話せるようになるための準備」が必要です。


その準備を「基本項目」により「発音の法則」からしっかり順を追って理解していけば、会話・試験・ビジネス、どんな目的の英語にも対応できる総合英語力を構築されます。

では、
「基本項目」がこの順番で必要なのはなぜでしょうか。

「基本項目-1.発音」に進む →

「 レッスンの概要」に戻る ↩︎