初めて聴く英語でも内容が浮かんでくるリスニング

FSDの基本項目である「発音」が向上すれば、リスニング力は音声ファイルをひたすら聴かなくてもいつの間にか向上していきます。

リスニングといえば「音声ファイルをひたすら聴く」という方法がよくありますが、
それは必ずしもすべての人に当てはまるわけではありません。
いくら音声を聴いても、「脳が認識していない音」はキャッチしにくいからです。

しかし、「発音の法則」を理解すれば「脳が認識できる音」が増えます。
そうすると、「初めて聴く英語」でも瞬時に内容が浮かんでくるようになります。

練習をしてから会話をすることがない実際の英会話では、初めてでも聴き取れるリスニング力が必要です。

それには、「音声ファイルをたくさん聴く」という方法ではなく、リスニングのためにも「発音の法則をしっかり理解する」ということを FSDでは大切に考えています。

会話はお互いに無意識にペースを合わせて話す傾向があります。
瞬時にリスニングができれば、身につけたスピーキングの法則で自分から出る英語もさらにスムーズになり、会話も進みやすくなります。
そうすれば、初めて発音する、初めて聴く英語も理解できるようになります。

そしてこの「初めて聴く英語でも内容が浮かんでくるリスニング力」は、会話はもちろん、映画・歌・ニュースや各種試験のリスニングにも非常に効果的です。

「リーディング」に進む →

本文に戻る↩︎

英会話が今からでもできる法則とは?三鷹発オンラインスクール
タイトルとURLをコピーしました