発音はすべての英語の根幹になる

発音が流暢になれば、

1. スピーキングのときの発音が変わります。
2. リスニング力が上がります。


「発音の法則」が理解できれば「認識できる音」が増えるからです。
また、

3. リーディングのスピード・質が変わります。

スピーキングを黙読にしたものがリーディングだからです。

これにより、各種試験・ビジネス文書・メール・会議の資料などの理解も圧倒的に変わります。
さらには、

4. 単語が増えます。

「綴りと発音」が一致するようになるので、「聴いたら書ける」「字を見れば発音できる」という状態になります。

このように、発音はすべての英語の根幹になっています。
その発音を「基本項目」として最初に固めることで、

5. その後の英語力の習得が格段に効率的になります。

そして、

6.「より本質的な総合英語力」が身につきます。

英語・英会話には一般的に、「文法・単語」のように考えられています。
確かにそれもあるかもしれませんが、FSDでは、上記の理由により「発音の確立」を最優先に考えます。

「発音により会話のしやすさが変わる」に進む →

「発音」に戻る ↩︎

「基本項目 → 各項目」に戻る ↩︎

英会話が今からでもできる法則とは?三鷹初オンラインスクール
タイトルとURLをコピーしました