発音により会話のしやすさが変わる

会話は双方向なので、こちらの発音が相手にとって聴きにくければスムーズな会話は難しくなります。

一方、発音が相手にとっても聴きやすければ、お互いに話がテンポよく進むので、話が盛り上がったり深い話をすることも可能になります。

このように、発音はコミュニケーションにも影響し、特にビジネスでは第一印象や説得力にも大きく関わります。

ということで、FSDのレッスンでは「発音」を最優先項目の一つとして考えています。

「リスニング」に進む →

「発音はすべての英語の根幹になる」に戻る ↩︎

「基本項目 → 各項目」に戻る ↩︎

英会話が今からでもできる法則とは?三鷹初オンラインスクール
タイトルとURLをコピーしました