内容が自然に頭に浮かんでくるリーディング

内容が一気に飛び込んでくるリーディング

「一字一句、一行一行ゆっくり読んでは訳し、時間をかけ読み終わった頃には前半の内容を何も覚えていない」という経験をしたことはないでしょうか。

いくら時間をかけ調べながら読んでも、目的である「内容の理解」ができなければ残念ながらそれは「精読」にはなりません。

ビジネス・会話・試験、すべてにおいて「出来るだけ短い時間で内容やニュアンスを理解する」ということをFSDでは「精読」と考えます。

「発音・文構造・文法・スピーキング・リスニング・単語の法則」の理解が定着していくと、「一字一句、一行一行訳す」という読み方ではなく、数行の内容が一気に飛び込んでくる「『面』で捉える方法」に変わっていきます。そうすると、読むスピードも格段に速くなり内容理解も深くなります。

この能力により、「試験の長文読解」「ビジネスの書類」「メール」「新聞」などを読むときの情報収集力が見違えるように変わります。

「『増やす』のではなく『減らす』単語」に進む →

「実際に使える文法」に戻る ↩︎

「『基本項目』からしっかり固めていくレッスン」に戻る ↩︎

「基本項目-3. スピーキング」に戻る ↩︎