生徒さんの声

エグゼクティブ・サーチ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 渡辺直行様 体験談

ボディメイク&ダイエットスタジオ 代表 ビースト村山様 体験談

いつき司法書士事務所 代表 武田一樹様 体験談

東京都板橋区立高島第二中学校 公開キャリア講座 生徒の皆様 ご感想

先日、東京都板橋区立高島第二都中学校の公開キャリア講座でお話をさせていただきました。

* 続きはこちらをクリックしてご覧ください。

篠原総合法律事務所 代表弁護士 篠原 一廣様 体験談

  山内さんの英語レッスンを受けるようになって1年が過ぎましたが、毎回新しい発見があり、殊に「話す」という観点からの勉強が不十分であったことを痛感しています。

私は、大学受験まで比較的英語を「得意」としていましたが、「得意」というのは、あくまでも「読む」ことに限ったものでした。英文を読む場合、例え判らない単語や表現があったとしても、辞書で調べるなどして時間を掛ければ問題ありません。

 これに対し、英語を「話す」ためには、相手の言っている内容を理解するとともに、自分の言いたいことを瞬時に答えられなければなりません。残念ながら、このような経験を全く経ないまま今まで過ごしてきました。

 そんなとき、山内さんの英会話レッスンを受けるようになり、目から鱗が落ちる思いです。

 山内さんは、まず発音について徹底的にレッスンを行います。日本人が陥りがちな誤った発音について、正しい発音のポイントを的確に指摘していきます。これによって、ネイティブの発音に近づけることができるとともに、ネイティブの会話を聞き取る能力も身についていきます。

 英会話というと、ネイティブのレッスンを受けることが流行していますが、むしろ山内さんのような英語に精通した方のレッスンの方が何倍も効果的であることを毎回実感しています。

 私は山内さんのレッスンを強く推薦します。

早稲田高等学院 3年生 体験談

山内先生に教わるまで、英語の勉強に興味が持てませんでした。
でも、先生に単語の暗記のコツを教わってから、語彙量が増えて 
長文読解を解くのが楽になりました。

また、先生は経済や心理についても教えて下さるので、長文読解やTOEFLはもちろんのこと、他の科目にも役に立っています。

慶應義塾高等学校 1年生 体験談

僕は就学前から5年以上アメリカに住んでいたので、自然に英語を話して
いましたが、小学校高学年で日本に帰国し、山内先生に英語の仕組みを教えて頂き、
英語を使うことや、勉強することが、より、楽しくなりました。

山内先生はアメリカの文化にも詳しいので、英語で友達同士のおしゃべりを
している感じになり、いつも授業が待ち遠しいです。

高校3年生 女子 Oさん 体験談:念願の第一志望合格

私は高校二年生の夏頃から高校三年生の二月頃まで約一年半通いました。

一年半前の私は、「英語はできない、嫌いとは言いたくないが苦手」という思いを持っていました。

実際に、学校の授業にはついていけるけどテストでの点数が悪い、という状態でした。

しかし、一年半通い続け、「英語は意外と簡単なんだ」と感じることができたのです。

英語の基礎となる中学英語を徹底的に、最初の『主語とは』から分かりやすく学びました。
大変で辛いこともありましたが頑張れました。

そのお陰で、英語検定では、三級に手こずっていた私が二級に一発合格することもできました。

過去のセンター試験問題では「7割越え!」という、私にとって快挙\(^^)/な経験ができました。

そしてとうとう、念願の第一希望の大学に合格することができました!

ずっと行きたかった大学に、しかも現役で行くことができるなんて、本当に夢のようです!

英語での成功体験が味わえて自信にも繋がりましたし、
一年半継続し、このような結果が出せたのは、世間話や基礎常識も話ながら楽しくやってこれたことも、実はとても大きいと思いました。

今までありがとうございました!

高校3年生 男子 お父様 ご感想:学習の困難を乗り越え現役合格

この春、子供は無事に現役で大学進学できました。
今振り返っても山内先生のご指導おかげであると思ってます。

子供は、小学校から発達障害か学習障害ではないかと指摘される問題があり
児童相談センター、小児精神科に行ったりもしましたが、ボーダーラインのようで
あまり打てる手はなく、親としては子供の将来を危惧してばかりの日々でした。
そんな中、子供の相談をしていた知人から山内先生を紹介されました。

英語塾の先生であるが、様々な人生経験されており、きっと力になってくれるとの事で、藁にもすがる思いで門をたたきました。

最初から山内先生は私の悩みを共感ししっかり受け止めて頂き、この先生なら子供の成長に関わってくれるだろうと思い通塾を決めました。

通塾開始直後、子供は英語以前に日本語の文法、文章の解釈などが上手くできていない事がわかると
小学校レベルの国語から指導頂くといった根本的な部分についても取り組んでくださりました。

子供が将来どんな形で働こうか、その為にはどんな大学、学部に行けば良いかといった
進路および将来の人生設計についての悩みにも、しっかりと子供と話しをし
親身に相談に乗って頂きただただ感謝するばかりです。

また、子供の難しい性格も考慮頂きながら指導方法を柔軟に変更して頂いたり、
お忙しい中、定期的に保護者面談で家庭での様子、塾での様子なと意見交換させて頂いたり、
子供のみならず、保護者にも寄り添って頂きともて嬉しかったです。二人三脚ならぬ三人四脚で親子ともども成長できました。

途中途中、子供が機嫌を悪くし帰宅してきた事もありましたが、
最後まで見捨てずご指導頂きありがとうございます。

私のような悩みを持っている保護者の方に参考になれば幸いです。

山内先生、心からお礼申し上げます。現在、子供は勉学、部活動で楽しい大学生活を送っています!

高校生ご兄弟のお母様 ご感想

山内先生は英語がご専門ですが、色々な勉強や経験をされているので
子供達を任せて安心だというのが、母親としての感想です。

信頼できる先生に教わると、自然に子供達の学習スキルも上がると実感しています。

小学6年生 女子 親御様 ご感想:「勉強 = 嫌い → 面白い」「中学受験合格 + 頑張ればできる!という達成感」

・中学受験を志した理由

中学3年間は心も体もとても大きく成長する時期だと5歳年上の息子を見て強く感じました。感受性が豊かなこの時期に沢山の経験をして、自立する大人への軸を作って欲しいと受験を希望しました。

・志望校を選んだ理由

5歳年上の兄が3年間通い、自己肯定感が低かった子がクラスの代表を務めるまでに自信に満ち溢れ成長した姿を見て選んで本当に良かったと思い、娘にも同じ想い、公立中学校では経験できない様々なことを経験して大きくなってもらいたいと思い志望しました。

・スクールを選んだ理由

前々から小中学生対象にクラスがあること、評判が良いことも聞いてました。

実際に先生の授業を体験し、即決しました。

大手塾は人数も多く、私が、私が、と前に出ないタイプの娘には向いていないと思い個人塾を探していました。

・受講する前の学習状況

どの教科も問題をパッと読んで難しいと感じると、自分で考えもせずすぐ「わからない、教えて」と聞いてきて、教えてもその場が終わればOKという感じだったので次に同じような問題が出ても自分一人では解けず、教えての繰り返しでした。

・受講後の授業の印象

面白いと感じている様子でした。

・受講後の状況、反応、変化

勉強=嫌い、苦手という思いこみがあったが、勉強は面白いものと段々と認識が変わってきました。

・受験を通じ、合格以外に得られたこと

頑張れば出来る!という達成感、達成後の喜び

・子供に望むこと、期待すること

やれば出来る、ということを忘れずに色々なことに自ら挑戦して欲しいと思います。

・その他

娘が受験とは何か、と理解できたのは受験の2週間程前だったと後から聞きました。娘が受験自体を早くから理解できないと思っていたので、塾に通うのも早くからはしませんでした。受験直前まで、娘に危機感が感じられずのんびりしていたので、ダメかもしれないという思いが一瞬頭によぎりましたが、合格後のイメージを娘と一緒にして盛り上げました。

短い期間でしたが、受験勉強、山内先生の授業を通して大きく成長したと思います。この経験を通し中学校の勉強に活かして欲しいと思います。

どうもありがとうございました。

主婦(アメリカ在住経験有)

単語力についての詳しい御説明、とても有り難いですし納得することばかりです。

アメリカ在住中、単語力の無い私は「have, take, get, be動詞」を使いまわして何とか会話をしていました。

「もっと 相応しい単語を使わないから私の英語は伸びないのだ~。」と分かっていましたが 単語の暗記はなかなか出来ませんでした。

今でも毎日、超スローペースで勉強をしていますが「山内先生の単語の覚え方」を知って以来、その方法を意識して勉強するようになりました。

「熟語の暗記」は日本の学生達が英語を嫌いになるキッカケの一つだと思います。学年が上がれば上がるほど量も増えますし。

でも山内先生のおっしゃる「熟語は単語の連続」ということから学べばもっとすんなりと勉強が進むと思います。

主婦(アメリカ在住経験有)

先生のプリントを見たとき、私が通っていたアメリカのCommunity Collegeでの勉強を思い出しました。

山内先生は 文法用語を英語で表記して下さっていて「それはさりげなく大事なことだなぁ…」と思いました。

例えば、私が日本で不定詞の勉強をしていてもInfinitiveという単語は教えてくれませんでしたが、 

Community Collegeで勉強を始めて最初に覚えた単語はInfinitiveやGerund でした。

また、Community College ではどの教授陣も不定詞と動名詞の指導に力を入れて テストを何度も行っていました。

私のクラスメイトのアメリカ人達はこの辺りの勉強で挫折し修了テストまで残る方が少なかったです。

山内先生の授業はアメリカっぽいというか玄人っぽいというか、明らかに学校の教科書とはまた違った必要なポイントを教えて下さっているような、

そんな空気をプリントから感じました。

改めて、不定詞と動名詞の勉強もまたしてみようと思います。