英単語の覚え方のコツは「増やす」のではなく「減らす」

自分の軸となる単語を厳選する

「よし!これから英会話を始めるぞ!」という人はまず「英単語を増やす」とことが頭に思い浮かぶのではないでしょうか。 もちろん、それは否定はできません。しかし 

  • これから英会話を始める、英語をやり直す 
  • 中級から上に行けず伸び悩んでいる 
  • 上級ではあるがスムーズに英語が出ずストレスを感じる

という場合、単語は「増やす」ことよりも「減らす」ことを強くお勧めします。 

なぜかというと、単語が多すぎると「いつ、どの単語を使えばいいのか迷ってしまい、スムーズに英語が出てこなくなる」ということが非常によくあるからです。どんな話題でもいつでも迷わず出てくる「自分の軸となる単語」を厳選することが大切です。 

一方、試験では、「単語の量」はもちろん必要です。しかし「記述問題」では同じことが言えますし、また、ただやみくもに量を覚えるのではなく、まずは「自分の軸となる単語」を整理してから増やしていった方が、覚える効率も格段に上がり、整理されているのでそれらの単語を使う時も迷いなく出しやすくなっていきます。 

単語においても「量」より「質」が大切です。 

日本人は既に多くの英単語を知っている 

それはどういうことでしょうか。「日本人は中・高と英語の授業が毎日のようにあったから」でしょうか。

そうではありません。日本語には「ソフト・ハード」など「完全に日本語化している英単語」が非常に多くあり、それらをカタカナ発音ではなくネイティブっぽい発音に直すだけで、実はかなりの英会話ができてしまいます。また、ビジネス英語であっても、専門用語以外はそこまで難しい単語を使って話しているわけではありません。
ですから、ただ単語の量を増やすのではなく、まずは既に自分が知っている英単語をネイティブのような発音で使えた方が、「実際に使える会話」には非常に近道です。

「アウトプット用の単語」「インプット用の単語」

 そして、「自分にとって軸となる単語」と「日本語化している単語」は「アウトプット用の単語」として、「話すとき」「書くとき」に積極的に使い、「それ以外の単語」「新たに覚える単語」は「インプット用の単語」として「聴くとき」「読むとき」にわかればいい、というぐらいに留めておけば、単語が整理できるのはもろん、単語を覚える負担も激減します。

大切なのは、単語には「数・量」よりも「何に必要で何に必要でないかを見分けられる判断基準・優先順位」をベースとした「質」です。

ですから、「軸となる単語」「日本語化している単語」を把握し使えるようになってから「目的に合わせた単語」を増やしていった方が、頭の中も整理され、実際に使うときにも迷いもなくなり、将来的に単語を効率的に増やしていくこともできます。

1日200単語覚える方法

とはいえ、試験やビジネスなどで「期限」がある場合には、一気に多くの英単語を覚えなければならないこともあると思います。
そこで、FSDでは「1日15分 〜 30分で200単語を覚える方法」をご紹介しています。
これは「必死に覚える」「書いて覚える」というような「量」「根性」のアプローチではありません。

つまり、単語の暗記は

● 覚えようとするから覚えられない
● 時間をかけるから忘れてしまう

のです。

実は自分で単語の暗記するとき、いつの間にか「単語を暗記というのはこういうこと」と「よくある形」してしまうことが多く、そうなると、それは「単語を覚える」という本来の目的から離れ、いつの間にか「作業」になってしまいます。
作業をいくら突き詰めたところで、それが目的になってしまったら、本来の目的である「単語の暗記」は果たせません。

ですから、「単語の暗記」には「従来の形・作業」にとらわれず、

● 覚えようとしない
● 時間をできるだけかけない

ことが大きなポイントになります。

このように、単語においても「ただ覚える」というのではなく「方法」が大切です。

 「受講生の声」に進む →

「リーディング」に戻る ↩︎

「レッスン」に戻る ↩︎